子供を優先します|時間を無駄にしない引越しをしたいなら此方

時間を無駄にしない引越しをしたいなら此方

子供を優先します

ダンボール

工夫が必要です

家族の引っ越しは仕事や学校へ通いながら、荷造りなど準備をする必要があるので、大変手間がかかります。手続きもたくさんありますので、漏れのないようリスト化しておきます。遠方に引っ越す場合は子供の気持ちに寄り添い、友達ときちんとお別れが出来るようにします。学校の手続きは最優先で行います。担任の先生に報告し、必要な書類を揃えてもらいます。学校においてある道具を忘れないようにします。保育園、幼稚園は地域ごとに異なりますので、事前に確認しておきます。引っ越しの荷造りは部屋ごと、カテゴリーごとに箱詰めします。小学生以上の子供は自分のものは自分で荷造り、荷解きをさせます。すぐに使う学校のものはひとまとめにしておきます。

当日注意すること

引っ越しは仕事や学校に通いながら荷造りと手続きを並行して行います。家族で役割を分担しておくと良いでしょう。引っ越し当日は早めに起床し、身支度を整えます。食器や調理器具を使用するといつまでも荷造りできないので、パンなどを用意しておきます。小さい子供がいる場合は子供を預ける、引っ越し業者に荷造りを依頼するのも良いでしょう。預けることが出来ない場合は子供のものは手荷物にしておきます。飲み物、お菓子、おもちゃ、などを用意しておきます。昼食を用意することは難しいので、家族分のおにぎりなどを準備しておくと良いでしょう。荷物を全て運び入れ、大きな家具などの配置を決めたら、家族で荷解きする人と買い物に行く人と分担するのも良いでしょう。